©Masahiro Naruse / 3DAircrew

When you purchased cryptocurrency, didn’t you feel difficult to understand how it works?

Many people including me are very interested in using cryptocurrencies. It’s a big wave in the sense that thrilling at the same time scary.

As the underlying technologies continue to grow and more and more companies are accepting cryptocurrencies, you may feel like you’d left behind if you wouldn’t start to consider accepting it. I’m honestly just started learning about it. There are many informative articles and websites regarding cryptocurrency itself. …


デザイナーやプロジェクトマネージャーにとってロゴやアイコン、キービジュアルを考える際に、気を付けなければならないのが、類似したものがないかあらかじめ知っておく事です。プロジェクトが進行した後でやり直しとなる事はあり得る事ですが、できれば避けたいもの。

同時にアメリカでの生活の中で、何度か自分が無知な故にデザインを作り直さなければならない事もありました。それは特定の形状やジェスチャーが差別的だったり、良くない意味を持つ場合でした。日本ではあまり感じる事のなかった人種差別的なものや宗教に関するものは、思っていた以上に他の国ではよりシビアな事もあるので注意が必要です。特にロゴなど形状がシンプルなものほど類似してしまう可能性があります。ヘイトシンボルはここでは掲載しませんが、名称と、ADLというアーカイヴサイトへのリンク(名称部分をクリックしてください)を記載します。

1. OKサイン ジェスチャー

もともと手でつくるOKサインのジェスチャーはポジティヴな意味合いで使われる事が多かったですが、4chan(2ちゃんねるのようなもの)の中において差別的な意味合いで使われだした事でヘイトシンボルに追加されました。指の形状がwとpの形にも見えるため、”White power”
(白人優越主義)を示唆するためです。文脈によって誤解される可能性があるので、注意が必要です。(白い色をしたミルクなどと併用する場合など)

2. アメリカ連合国軍(南部軍)旗 (League of the South)

Xを横長に引き伸ばした様なこの形状は、アメリカ南北戦争の際に南部軍が使用したシンボルに由来するもので、奴隷制を肯定しているという意味合いで、ヘイトシンボルとされています。

3. 鉄十字(Iron Cross)

十字の先端が幅広いこの形状は、ドイツ軍にて使用され、第二次世界大戦後に白人優越主義のシンボルとなりました。人種差別的でない局面で使われる事もあるそうですが、文脈によって誤解される可能性があるので、注意が必要です。

4. Ku Klux Klan のシンボル(Triangular Klan Symbol)

三角形三つをさらに三角形に配置したシンボルで、ト○イフォースの形状と似ています。以前ロゴデザインをした際に、一部分、類似した形状が含まれていた為に、クライアントから修正を受けた事がありました。

5. ケルト十字 (Celtic Cross)

十字と円を重ね合わせた形状で、伝統的なキリスト教のシンボルや、アイルランドの誇りの象徴として使用される事もあるそうです。しかし世界で最も古く規模が大きい白人優越主義のウェブサイト、ネオファシズムやKKKによって使用された為、ヘイトシンボルとされています。

6. ダビデの星 (Star of David)

六芒星に似た形状で、この形状はヘイトシンボルではありません。しかしユダヤ教において重要な意味を持つので、使用する文脈に注意する必要があります。自分自身は以前、痛みを表すアイコンとして六芒星の形状を使用した際に、プロデューサーに止められた事があります。

7. ナチス親衛隊のマーク (SS Bolts)

雷の様な形状のSが二つ横に並んだシンボル。ゲシュタポなどが含まれるナチス親衛隊が使用した為、ヘイトシンボルとされています。

8. 炎と十字 (Burning Cross)

燃えている十字のビジュアルはKKKによって使用されたシンボルで、最も強い意味合いがあるので特に気を付ける必要があります。

9. カエルのペペ (Pepe the Frog)

カエルのキャラクターで、日本の雑貨屋さんなどでも売られているそうです。4chan にて差別的な投稿と一緒に多用された為に、ヘイトシンボルに追加されました。

10. 数字の88

88は白人優越主義の数字的な記号で、Hがアルファベットで8番目の記号なので、88 = HH = Heil Hitler を表しているようです。日本でも4など特定の数字を使う際に気をつけますが、同様に注意が必要です。

一覧すると、とりわけ十字に関わる形状が多いです。
この他にも、周知のナチス鉤十字(ハーケンクロイツ)や旭日旗もあります。日本でも、とある有名人がコメディで顔を黒塗りした事が問題になりましたが、知っていればきっと避ける事ができました。人に愛されるデザインをする為に、これを機にぜひ頭の片隅に記憶しておきましょう!


Recently, I launched a vertical-style script font called Falling Script (Version 0.1) on Future Fonts. This is the story of how the idea for the font evolved and how I created it.


Recapping in 2019

(See more in my previous post: Looking back and moving forward in design)

1. Serif fonts and mixed font styles

We saw the evolvement of lots of organic shapes in serif fonts that are commonly used with inorganic san-serif fonts. It’s modern, clean, and creatively composed. It’s not only about serif/sans serif; it is also a mixture of text styles such as Bold, Italic, Extended, outlined, vertical oriented, etc. It’s toward the fonts themselves as well. Some font’s shape is not consistent within a single font such as a super cool Nostra font.


In touch with the times

My team and I always keep our eye on upcoming trends in web design, sharing them with each other through Slack. For the past year, we’ve been publishing SotW (“Sites of the Week”) on Medium and in our newsletters. And for the past few years, I’ve been curating my @Advertisements_in_NYC Instagram account, focusing on outdoor ad design around the city. Through these channels, I’ve gained a sense of how design trends are evolving. With more people sharing videos every year, there’s been a clear shift toward visuals that are upbeat, lively, and fun.


There are fascinating 3D case studies all around us that still maintain a sense of flat design.

Visuals oriented in 3D are becoming an industry-standard — especially for social marketing, where being eye-catching is a must. However, I didn’t have the ability to create it. I was already familiar with Adobe After Effects and knew the application had a 3D design plugin called Cinema 4D Lite, but since I’d only worked in 2D before, diving into 3D was (literally) a completely new dimension. I even had a bit of phobia of the 3D application, with its interface so complex and so unlike typical Adobe products! What I needed was a good tutorial.

Masahiro Naruse

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store